鋼球の種類について

大陽鋼球軸受株式会社が提供している鋼球にはいろいろな種類が存在しています。
その色々な種類のそれぞれのスチールボールが特有の役割を果たしているのです。

スチールボールは材質の違いによってクローム球とカーボン球に分けることができます。
クローム球というのは玉軸受用に使われるものであり、ベアリング鋼という材料が使われています。耐摩耗性に優れているのが特徴的です。産業機械の回転部分にはこのタイプのスチールボールが使われています。

カーボン球というのは炭素鋼球のことです。こちらは自転車用炭素鋼球と呼ばれることもあり、自転車用のハブに使われています。
他にもキャスターや軽負荷のベアリング、パチンコ球などにも用いられています。

また、スチールボールにはいろいろなサイズのものが存在しています。寸法表によってどのようなサイズのスチールボールがあるのかを確認することができます。
またいろいろな精度のものが製品として使われています。精度についてはJIS規格によって定められています。
注文を受ければ、それぞれの要望に応じたものを製造することが可能です。昔から現在に至るまであらゆる機械に使われており、これからも大切な部品の一つとしてスチールボールは重宝されるでしょう。